UtilityFactory

制作の流れ 価格一覧 制作実績 SEO対策 業務一覧 WEB標準

WEBサイト制作 SEO対策

SEOとは検索エンジン最適化のことをいいます。

日本では、インターネット上で検索するとき、Yahoo!Googleという検索エンジンを使う人が約8割を占めます。

これらの検索エンジンでの検索結果でより上位に表示されるように制作することで、たくさんのユーザーにWEBサイトを見てもらうことができるのです。
いくらデザインや内容の優れたサイトを制作しても、見てもらわなければ意味がありません。

UtilityFactoryでは、検索結果がより上位に表示されるように、目的のキーワードを分析しキーワードに沿ったHTMLコーディングを行います。デザイン部分はCSSで行い、アクセシビリティーユーザビリティといった使いやすさ・見やすさの面でも意識しています。

サイトを見に来た方すべてに使いやすく見やすいサイト制作を心がけています。

■検索エンジン最適化 検索エンジンは、インターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるWebサイトのことです。日本の検索エンジンは、Yahoo! JAPAN・Google・goo等が有名です。検索エンジン最適化とは、検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫することです。
■WEBブラウザ Webページを閲覧するためのアプリケーションソフト。
インターネットからHTMLファイルや画像ファイル、音楽ファイルなどをダウンロードし、レイアウトを解析して表示・再生をする。
Internet Explorer・FireFox・Opera・Safari・Netscapeがよく使われています。
■HTML HyperText Markup Languageの略で、ウェブページを記述するためのマークアップ言語です。このWEBサイトもHTMLで出来ています。
■CSS Cascading Style Sheetsの略で、CSSを使うと、フォントや文字の大きさ、文字飾り、行間などの見栄えに関する情報を文書本体(HTML)から切り離すことができます。
■アクセシビリティー 特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われています。
■ユーザビリティー Webサイトやソフトウェアの使いやすさのこと。
様々な機能になるべく簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスや戸惑いを感じないことなどが、優れたユーザビリティにつながります。利用者の満足度の度合い。